七福神の成り立ちとは

元々七福神は日本で生まれたものではなく、海外から伝わってきました、
最初は、インドのヒンドゥー教が由来だと言われています。
当初、神様は三人ほどしかいませんでした。
ですがどんどん増えて、今のような七福神になりました。
七福神ができたのは、江戸時代ごろだと言われています。
その中で、布袋は仏教から伝わってきた神様です。
実は七福神の中で、唯一本当にいた人物は布袋だけです。
他の神様は、すべて架空の存在になります。

恵比寿という神様を知っている人が、多いと思います。
太鼓を持っていて、七福神のメインのように描かれることが多いです。
商業や農業の神様だと言われ、お店を経営している人や農家にとって欠かせない存在ですね。
子孫繁栄などのご利益があるのが、大黒天です。
こちらはヒンドゥー教から伝わってきた、昔から存在する神様になります。
また出世開運にもご利益があると言われるので、仕事をしている人は信仰するといいでしょう。

家内安全などに効果をもたらすのが、毘沙門天です。
夫婦が仲良く暮らせるように、毘沙門天を信仰する人も増えています。
七福神の中で唯一の女性が、弁財天です。
女性らしく、恋愛成就などの効果を発揮してくれます。
福禄寿は、長寿のご利益があるので、長生きをしたい人におすすめです。
幸福を司る神様が、その名前の通り寿老人になります。
そのように七名の神様から、七福神が成り立っています。
悩んでいることがあったら、お祈りしてみましょう。

まだまだ多くの神様が存在

毘沙門天や弁財天など、七福神にはまだ神様がたくさんいます。 困っている時に、誰を信仰すればいいのか判断できるよう事前に調べておきましょう。 女性は、恋愛がうまくいかなくて困っている人がいると思います。 そんな時に助けてくれるのは、恋愛成就の神様である弁財天です。

おすすめリンク

念仏宗が説明する除夜の鐘の意味

煩悩の数だけ叩く除夜の鐘は、こんな意味があったのです!念仏宗にある鐘は国内最大規模!

日本トリムが提供する水素水濃度

他者製品よりも高濃度?日本トリム独自の技術で電解水素水を作っているので実現出来るのです!

なぜ日本トリムの水素水が人気なのか

水素水と言えば日本トリムですがなぜここまで大きな事業展開が出来たのでしょうか?その秘密を探る

水素水業界と日本トリム

美容にも嬉しい水素水ですが今後の業界はどうなる?先駆者である日本トリムがバッサリと切ってくれました

日本トリムが水素水を始めたワケ

今人気の水素水ですが日本トリムはいつから目をつけていた?その理由とステップを大公開!

TOPへ戻る